読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊勢物語翻刻 by 片島諒

伊勢物語各種影印本の翻刻を行います

①河野美術館蔵実隆筆本について

河野美術館蔵実隆筆本

f:id:nobinyanmikeko:20170227171502j:plainf:id:nobinyanmikeko:20170227171209j:plain河野美術館蔵実隆筆本は愛媛県今治市今治市河野美術館(旧称河野信一記念文化館https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8A%E6%B2%BB%E5%B8%82%E6%B2%B3%E9%87%8E%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8)が所蔵する伊勢物語の写本。

翻刻に用いるのは1970年に愛媛大学古典叢刊1として刊行された影印本。本のサイズは縦18.2cm横13.0cm、影印部分のサイズは縦13.0cm横8.7cm。原本のサイズは縦26.5cm横17.8cmとのことなので縦横ともに1/2弱の縮少版ということになる。サイズは縮少されているが写真は見やすい。

解説の伊井春樹氏によると、この本は三条西実隆が定家筆天福本の前所有者だった蜷川(宮道)親孝の所望によって明応6年(1497年)に定家筆天福本を写して親孝に与えた本とのことで、学習院大学蔵の伝定家筆本は大永3年〜大永6年(1523年〜1526年)頃(by池田亀鑑博士)に今川氏親に定家筆天福本を譲る時に自分が見る本として手許に置いておくために書写した本と考えられるので河野美術館本の方が20年余り早く書かれた本ということになる。書体も学習院本より若々しく勢いがある。
行の切り方は学習院本とは違っていて、本の形態が学習院本より縦長だけに学習院本より一行の字数が多い。ただ学習院本と冷泉為和筆本とが行の切り方まで一致するのを考えると定家筆天福本の行の切り方は学習院本・冷泉為和筆本と同じだったが河野美術館本は定家筆天福本とは違う切り方をしていると考えられる。
とは言え学習院本との本文の異同は80段・86段・101段・107段の四箇所のみで、極めて忠実に原本を書写した本とみて良い。


濁点が次の7つの段13字に付されているが、これはいつ誰が濁点を付したのかは不明。(翻刻文では濁点は省略)

☆4段…………3丁表⑥おほぎさいの宮
☆78段……48丁裏⑤ぜんじのみこ
☆81段……50丁裏④左のおほいまうちぎみ
☆83段……54丁裏⑧ひさしくさぶらひて
☆85段……56丁表②ぞくなるぜんじなる
☆85段……56丁表③事だつとて
☆85段……56丁表⑤(こほすか)こどふりて
☆85段……56丁裏①御ぞぬきて
☆87段……57丁裏⑦わらうだの
☆87段……57丁裏⑨せうがうし
☆103段…66丁表⑧じちよう(にて)

※85段の『こど』は文脈から言えば『こぼすがごとふりて』となるべき所だが、濁点は『と』の横に付いている。
※87段の『せうがうし』は通常『せうかうじ』と読まれるが、濁点は『か』の横に付いている。
※78段の『ぜんじ』だけが左側に点が付いていて、しかも『ん』にも点が一つ付いているから、これは声点として付けられたもので他の濁点とは別人によって付されたものと思われる。