伊勢物語翻刻 by 片島諒

伊勢物語各種影印本の翻刻を行います

⑤九州大学図書館蔵伝藤原為家筆細川文庫本について

f:id:nobinyanmikeko:20170806161309j:plainf:id:nobinyanmikeko:20170806161357j:plain
【九大蔵伝為家筆本】
九州大学図書館蔵伝藤原為家筆細川文庫本は旧宇土細川家の蔵書で現在は九州大学付属図書館の蔵書となっている古写本。
1968年11月に古典文庫第244冊として影印本が刊行されているので、この影印本の翻刻を行うが、古典文庫No.244の本は影印のみで解説は無く、解説は古典文庫No.229の「伊勢物語(武田本)」のP237〜257に掲載されるという変則的な形になっている。どのような事情でこのような形になったのかは判らないが、ちょっと読者には不親切なやり方だ。
山田清市氏の解説によれば、この本は根源本(流布本)の第一系統に属すとともに根源本第一系統を代表する写本とのことだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

はじめに
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2016/09/23/233024
河野美術館蔵三条西実隆筆本について
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/02/27/170047
宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本について
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/03/23/151026
九州大学図書館蔵伝三条西実隆筆細川文庫本について
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/14/030719
伝青蓮院尊鎮親王筆本について
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/05/05/032017