伊勢物語翻刻 by 片島諒

伊勢物語各種影印本の翻刻を行います

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百一段《さく花のしたにかくるゝ人をおほみ》

【伝尊鎮親王筆本】P125~126
_____________________
行平 貞觀十二年二月參議五十三 左兵衛督 十四年左衛門督 十五年従三位大宰帥 元慶元年治部卿 六年正月中納言六十五 八年正三位 民部卿 仁和九 按察
①むかし左兵衛督なりけるありはらのゆきひらと
仁和三年四月十三日致仕寬平五年薨 [きゝてイ]  
②いふありけりその人の家によきさけありとうへに
     藤昌近 貞觀十二年右中弁十六年左中弁
③ありける左中弁ふちはらのまさちかといふをなむ
④まらうとさねにてその日はあるしまうけしたりける
⑤なさけある人にてかめに花をさせりそのはな
⑥のなかにあやしきふちの花ありけり花のしなひ
⑦三尺六寸はかりなむ有けるそれをたいにてよむよみ
⑧はてかたにあるしのはらからなるあるししたまふと
_____________________
①きゝてきたりけれはとらへてよませけるもとより
②うたのことはしらさりけれはすまひけれとし
③ゐてよませけれはかくなむ
④  さく花のしたにかくるゝ人をおほみ
⑤  ありしにまさるふちのかけかも
⑥なとかくしもよむといひけれはおほきおとゝのゑい花
⑦のさかりにみまそかりて藤氏のことにさかゆるを思ひ
⑧てよめるとなむいひけるみな人そしらすなりにけり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学習院大学蔵伝定家筆本】74丁裏〜76丁表
⑩むかし左兵衞督なりける在原の
_____________________
①ゆきひらといふありけりその人の家
②によきさけありときゝてうへにあり
③ける左中弁ふちはらのまさちかと
④いふをなむまらうとさねにてその
藤原良近 貞觀十二年正月右中弁十六年轉左中弁
⑤日はあるしまうけしたり
⑥なさけある人にてかめに花を
⑦させりその花のなかにあやしき
⑧ふちの花ありけり花のしなひ
⑨三尺六寸はかりなむありける
⑩それをたいにてよむよみはてかたに
_____________________
①あるしのはらからなるあるしゝ
②たまふときゝてきたりけれはとら
③へてよませけるもとよりうたのことは
④しらさりけれはすまひけれとしゐて
⑤よませけれはかくなん
               [おイ] 
⑥  さく花のしたにかくるゝ人をほみ
⑦  ありしにまさるふちのかけかも
⑧なとかくしもよむといひけれはお
⑨ほきおとゝのゑい花のさかりにみま
⑩そかりて藤氏のことにさかゆるを
_____________________
①おもひてよめるとなんいひけるみ
②なひとそしらすなりにけり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
静嘉堂文庫本】P142~144
行平 貞觀十二年二月参議五十三左兵衞督 十四年左衞門督 十五年従三位太宰帥
元慶元年治部卿六年正月中納言六十五 八年正三位
民部卿 仁和元按察
②むかし左兵衞督なりけるありはらのゆきひらと
仁和三年四月十三日致仕 寬平五年薨
                 [きゝてイ]
③いふありけりその人の家によきさけありと
   藤昌近 貞觀十二年右中弁 十六年左中弁
④うへにありける左中弁ふちはらのまさちかといふ
⑤をなむまらうとさねにてその日はあるしまう
⑥けしたりけるなさけある人にてかめに花を
⑦させりその花のなかにあやしきふちの花
⑧有けり花のしなひ三尺六寸はかりなむ有ける
_____________________
①それをたいにてよむよみはてかたにあるしの
②はらからなるあるしゝたまふときゝてきたり
③けれはとらへてよませけるもとよりうたの
④ことはしらさりけれはすまひけれとしゐて
⑤よませけれはかくなむ
⑥  さくはなのしたにかくるゝ人をおほみ
⑦  ありしにまさるふちのかけかも
⑧なとかくしもよむといひけれはおほきおとゝの
⑨ゑい花のさかりにみまそかりて藤氏の
_____________________
①ことにさかゆるを思ひてよめるとなむいひ
②けるみな人そしらすなりにけり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈠》
                 [きゝてイ]
A.尊鎮親王筆本P125②………よきさけありと
 学習院大蔵本75丁表②……よきさけありときゝて
                 [きゝてイ]
 静嘉堂文庫本P142③………よきさけありと
[ありときゝて━━天学習・天冷泉・天河野・天細川・定嵯峨・武尊鎮・根良経・根九家・根為相・根承久・根理家・根千葉・根文暦・根智蘊・大為氏・大谷森・大阿波・参為家・非通具
 ありと━━武静嘉・武兼良]
※塗籠本この段無し
_____________________
B.尊鎮親王筆本P126④………人をおほみ
             [おイ]
 学習院大蔵本75丁裏⑥……人をほみ
 静嘉堂文庫本P143⑥………人をおほみ
[人をおほみ━━天河野・天冷泉・武静嘉・武尊鎮・武兼良・根智蘊・根承久
 人をほみ━━天学習・定嵯峨・根文暦・大為氏
 人おほみ━━天細川・根理家・根千葉・根良経・根九家・根為相・大谷森・大阿波・参為家・非通具]
※塗籠本この段無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈡》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈢》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

河野美術館蔵三条西実隆筆本第101段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2016/11/04/232754
宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本第101段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/06/182833
九州大学図書館蔵伝三条西実隆筆細川文庫本第101段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/05/01/202434

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百段《わすれ草おふる野へとはみるらめと》

【伝尊鎮親王筆本】P124
⑤昔男後凉殿のはさまをわたりけれはあるやむ
⑥ことなき人の御つほねより忘れ草をしのふくさ
⑦とやいふとていたさせたまへりけれはたまはりて
⑧  わすれ草おふる野へとはみるらめと
⑨  こはしのふなりのちもたのまむ
_____________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学習院大学蔵伝定家筆本】74丁裏
③むかしおとこ後凉殿のはさまをわ
④たりけれはあるやむことなき人の
⑤御つほねよりわすれくさをしのふ
⑥くさとやいふとていたさせたまへり
⑦けれはたまはりて
⑧  忘草おふるのへとは見るらめと
⑨  こはしのふなりのちもたのまん

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
静嘉堂文庫本】P141~142
⑤昔男後凉殿のはさまをわたりけれはある
⑥やむことなき人の御つほねよりわすれくさを
⑦しのふくさとやいふとていたさせたまへりけれは
⑧たまはりて
⑨  わすれくさおふる野邉とは見るらめと
_____________________
①  こはしのふなりのちもたのまむ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈠》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈡》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈢》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

河野美術館蔵三条西実隆筆本第100段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2016/11/04/010911
宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本第100段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/06/175829
九州大学図書館蔵伝三条西実隆筆細川文庫本第100段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/05/01/193140

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第九十九段《見すもあらす見もせぬ人の恋しくは》

【伝尊鎮親王筆本】P123~124
業平 貞觀六年右少將七年右馬頭 十九年正月左中將 元慶三藏人頭
⑤むかし右近の馬場のひをりの日むかひにたて
⑥たりける車に女のかほのしたすたれよりほの
⑦かにみえけれは中將なりけるおとこのよみてやりける
⑧  見すもあらす見もせぬ人の恋しくは
⑨  あやなくけふやなかめくらさむ
_____________________
①返し
②  しるしらぬなにかあやなくわきていはむ
③  思ひのみこそしるへなりけれ
④のちはたれとしりにけり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学習院大学蔵伝定家筆本】74丁表〜74丁裏
業平 貞觀六年三月右少將七年右馬頭十九年正月左中將
②むかし右近の馬場のひをりの日
③むかひにたてたりけるくるまに女の
④かほのしたすたれよりほのかに見
⑤えけれは中將なりけるおとこの
⑥よみてやりける
[古今]
⑦  見すもあらす見もせぬ人のこひしくは
⑧  あやなくけふやなかめくらさん
⑨返し
[古今]
⑩  しるしらぬなにかあやなくわきていはん
_____________________
①  おもひのみこそしるへなりけれ
②のちはたれとしりにけり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
静嘉堂文庫本】P140~141
業平 貞觀六年右少將七年右馬頭十九年正月左中將
元慶三藏人頭
③むかし右近の馬場のひをりの日むかひに
④たてたりけるくるまに女のかほのしたすたれ
⑤よりほのかに見えけれは中將なりけるおとこ
⑥のよみてやりける
⑦  見すもあらす見もせぬ人のこひしくは
⑧  あやなくけふやなかめくらさむ
_____________________
①返し
②  しるしらぬなにかあやなくわきていはむ
③  おもひのみこそしるへなりけれ
④のちはたれとしりにけり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈠》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈡》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈢》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

河野美術館蔵三条西実隆筆本第99段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2016/11/04/003949
宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本第99段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/06/174925
九州大学図書館蔵伝三条西実隆筆細川文庫本第99段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/05/01/185914

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第九十八段《わかたのむきみかためにとおるはなは》

【伝尊鎮親王筆本】P122〜123
忠仁公 天安元年二月十九日太政大臣五十五 四月九日従一位 二年十一月摂政 清和外祖
⑦むかしおほきおほいまうちきみときこゆるおはし
⑧けりつかうまつるおとこなか月はかりにむめのつくり
⑨えたにきしをつけてたてまつるとて
_____________________
①  わかたのむきみかためにとおるはなは
②  ときしもわかぬ物にそ有ける
③とよみてたてまつりたりけれはいとかしこく
④おかしかりたまひてつかひにろくたまへりけり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学習院大学蔵伝定家筆本】73丁裏〜74丁表
忠仁公 天安元年二月十九日太政大臣五十五 四月九日従一位 
二年十一月攝政清和外祖
③昔おほきおほいまうちきみときこ
④ゆるおはしけりつかうまつるおとこ
⑤なか月許にむめのつくりえたに
⑥きしをつけてたてまつるとて
[古今]
太政大臣
[哥ト云]
⑦  わかたのむ君かためにとおる花は
⑧  ときしもわかぬ物にそ有ける
⑨とよみてたてまつりたりけれはいと
_____________________
①かしこくおかしかり給て使にろくたまへりけり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
静嘉堂文庫本】P139~140
忠仁公 天安元年二月十九日太政大臣五十五 四月九日従一位 二年十一月攝政清和外祖
④むかしおほきおほいまうちきみときこゆる
⑤おはしけりつかうまつるおとこなか月許に
⑥むめのつくりえたにきしをつけてたてまつるとて
⑦  わかたのむきみかためにとおる花は
⑧  時しもわかぬ物にそありける
_____________________
①とよみてたてまつりたりけれはいとかしこく
②をかしかりたまひてつかひにろくたまへりけり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈠》 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈡》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈢》
A.尊鎮親王筆本P123④………おかしかりたまひて
 学習院大蔵本74丁表①……おかしかり給て
 静嘉堂文庫本P140②………をかしかりたまひて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

河野美術館蔵三条西実隆筆本第98段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2016/11/04/001245
宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本第98段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/06/172733
九州大学図書館蔵伝三条西実隆筆細川文庫本第98段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/05/01/180425

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第九十七段《さくら花ちりかひくもれおいらくの》

【伝尊鎮親王筆本】P122
 昭宣公貞觀十四年八月卄五日右大臣左近大將卅七
②むかしほりかはのおほいまうちきみと申いまそかり
   貞觀十七年
③けり四十の賀九条の家にてせられける日中將
④なりけるおきな
       業平十九年任中將 不審
⑤  さくら花ちりかひくもれおいらくの
⑥  こむといふなるみちまかふかに

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学習院大学蔵伝定家筆本】73丁表〜73丁裏
昭宣公基経貞觀十四年八月卄一日右大臣左大將卅七
⑥むかしほり河のおほいまうちきみ
⑦と申すいまそかりけり四十の賀
           貞觀十七年
⑧九條の家にてせられける日中將
⑨なりけるおきな 業平十九年任中將不審
_____________________
[古今]
①  さくら花ちりかひくもれおいらくの
②  こむといふなるみちまかふかに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
静嘉堂文庫本】P138~139
昭宣公貞觀十四年八月卄五日右大臣左近大將卅七
⑦むかしほりかはのおほいまうちきみと申
        貞觀十七年
⑧いまそかりけり四十の賀九条の家にて
_____________________
①せられける日中將なりけるおきな
          業平十九年任中將不審
②  さくらはなちりかひくもれおいらくの
③  こむといふなるみちまかふかに

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈠》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈡》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈢》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

河野美術館蔵三条西実隆筆本第97段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2016/11/03/235740
宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本第97段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/06/170810
九州大学図書館蔵伝三条西実隆筆細川文庫本第97段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/05/01/140009

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第九十六段《秋かけていひしなからもあらなくに》

【伝尊鎮親王筆本】P119〜122
⑨昔男ありけり女をとかくいふこと月日へにけりいは
_____________________
①木にしあらねは心くるしとや思ひけむやう\/あは
②れと思ひけりそのころみな月のもちはかりなりけ
③れは女身にかさひとつふたついてきにけり女
④いひをこせたる今はなにの心もなし身にかさもひ
⑤とつふたついてたり時もいとあつしすこし秋かせ
⑥ふきたちなむときかならすあはむといへりけり秋
⑦たつころをひにこゝかしこよりその人のもとへいな
⑧むすなりとてくせちいてきにけりさりけれはこの
⑨女のせうとにはかにむかへにきたりされはこの
_____________________
①女かえてのはつもみちをひろはせてうたをよ
②みてかきつけてをこせたり
③  秋かけていひしなからもあらなくに
④  このはふりしくえにこそありけれ
⑤とかきをきてかしこより人をこせはこれをやれ
⑥とていぬさてやかてのちつゐにけふまてしらすよ
⑦くてやあらむあしくてやあらむいにし所もしら
⑧すかのおとこはあまのさかてをうちてなむのろひ
⑨をるなるむくつけきこと人のゝろひことはおふ物にや
_____________________
①あらむおはぬものにやあらむいまこそはみめとそいふなる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学習院大学蔵伝定家筆本】71丁裏~73丁表
⑦むかしおとこ有けり女をとかくいふこと
⑧月日へにけりいは木にしあらねは
⑨心くるしとや思けんやう\/あはれと
⑩思けりそのころみな月のもちはかり
_____________________
①なりけれは女身にかさひとつふた
②ついてきにけり女いひをこせたる
③今はなにの心もなし身にかさも
④ひとつふたついてたり時もいとあつ
⑤しすこし秋風ふきたちなん時
              [た]
⑥かならすあはむといへりけり秋まつ
⑦ころをひにこゝかしこよりその人の
⑧もとへいなむすなりとてくせちい
         [このイ]
⑨てきにけりさりけれは女のせうとにはかに
_____________________
①むかへにきたりされはこの女かえての
②はつもみちをひろはせてうたを
③よみてかきつけてをこせたり
④  秋かけていひしなからもあらなくに
⑤  この葉ふりしくえにこそありけれ
⑥とかきをきてかしこより人をこせは
⑦これをやれとていぬさてやかてのち
⑧つゐにけふまてしらすよくてやあ
⑨らむあしくてやあらんいにし所もしらす
_____________________
①かのおとこはあまのさかてをうち
②てなむのろひをるなるむくつけ
③きこと人のゝろひことはおふ物にや
④あらむおはぬ物にやあらんいまこそ
⑤は見めとそいふなる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
静嘉堂文庫本】P136~138
_____________________
①昔男ありけり女をとかくいふこと月日へに
②けりいは木にしあらねは心くるしとや思ひ
③けむやう\/あはれと思ひけりそのころみな
④月のもちはかりなりけれは女身にかさひとつ
⑤ふたついてきにけり女いひをこせたる今は
⑥なにの心もなし身にかさもひとつふたつ
⑦いてたり時もいとあつしすこし秋風ふき
⑧たちなむときかならすあはむといへりけり
_____________________
 [まイ]
①秋たつころをひにこゝかしこよりその人
②のもとへいなむすなりとてくせちいてきに
③けりさりけれはこの女のせうとにはかにむ
④かへにきたりされはこの女かえてのはつ
⑤もみちをひろはせてうたをよみてかきつけて
⑥をこせたり
⑦  秋かけていひしなからもあらなくに
⑧  このはふりしくえにこそありけれ
⑨とかきをきてかしこより人をこせはこれを
_____________________
①やれとていぬさてやかてのちつゐにけふまて
②しらすよくてやあらむあしくてやあらむいに
③し所もしらすかのおとこはあまのさかてを
④うちてなむのろひをるなるむくつけきこと
⑤人のゝろひことはおふ物にやあらむおはぬ
⑥ものにやあらむいまこそは見めとそいふなる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈠》
A.尊鎮親王筆本P120⑥………秋たつころをひ
             [た] 
 学習院大蔵本72丁表⑥……秋まつころをひ
             [まイ]
 静嘉堂文庫本P137①………秋たつころをひ
[秋まつ━━天学習・天河野・天冷泉・天細川・定嵯峨・根良経・根為相・根理家・根千葉・根文暦・根九家・大為氏・大阿波・大谷森・塗民局・参為家・非通具
 秋たつ━━武静嘉・武尊鎮・武兼良・根承久・根智蘊

_____________________
B.尊鎮親王筆本P120⑧………この女のせうと
          [このイ]
 学習院大蔵本72丁表⑨……女のせうと
 静嘉堂文庫本P137③………この女のせうと
[女の━━天学習・天河野・天冷泉・天細川・定嵯峨・根千葉・参為家
 この女の━━武静嘉・武尊鎮・武兼良・根良経・根為相・根承久・根理家・根文暦・根九家・根智蘊・大為氏・大阿波・大谷森・塗民局
 この女━━非通具]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈡》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈢》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

河野美術館蔵三条西実隆筆本第96段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2016/11/03/234500
宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本第96段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/06/091931
九州大学図書館蔵伝三条西実隆筆細川文庫本第96段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/05/01/133313

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第九十五段《ひこほしにこひはまさりぬあまの河》

【伝尊鎮親王筆本】P119
_____________________
①昔二条の后につかうまつる男ありけり女の
②つかうまつるをつねに見かはしてよはひわたりけり
③いかてものこしにたいめんしておほつかなく思ひつめた
④ることすこしはるかさむといひけれはをんないとしの
⑤ひてものこしにあひにけり物かたりなとしておとこ
⑥  ひこほしにこひはまさりぬあまの河
⑦  へたつるせきをぃはやめてよ
⑧このうたにめてゝあひにけり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学習院大学蔵伝定家筆本】71丁表~71丁裏
⑥むかし二條の后につかうまつるおとこ
⑦有けり女のつかうまつるをつねに
⑧見かはしてよはひわたりけりいか
⑨て物こしにたいめんしておほつかなく
_____________________
①思つめたることすこしはるかさん
②といひけれは女いとしのひてものこ
③しにあひにけり物かたりなとしておとこ
④  ひこほしにこひはまさりぬあまの河
⑤  へたつるせきをいまはやめてよ
⑥このうたにめてゝあひにけり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
静嘉堂文庫本】P134〜135
⑧昔二条の后につかうまつるおとこありけり
_____________________
①女のつかうまつるをつねに見かはしてよはひ
②わたりけりいかてものこしにたいめんして
③おほつかなく思ひつめたることすこしはるか
④さむといひけれはをむないとしのひてもの
⑤こしにあひにけり物かたりなとしておとこ
⑥  ひこほしにこひはまさりぬあまの河
⑦  へたつるせきをいまはやめてよ
⑧このうたにめてゝあひにけり
_____________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈠》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈡》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈢》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

河野美術館蔵三条西実隆筆本第95段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2016/11/02/183434
宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本第95段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/06/085945
九州大学図書館蔵伝三条西実隆筆細川文庫本第95段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/30/204833