伊勢物語翻刻 by 片島諒

伊勢物語各種影印本の翻刻を行います

①河野美術館蔵実隆筆本・第九十六段《秋かけていひしなからもあらなくに》

【河野美術館蔵実隆筆本】62丁表~63丁表
⑤むかしおとこ有けり女をとかくいふこと月
⑥日へにけりいは木にしあらねは心くるしやとや
⑦思けんやう\/あはれと思けりそのころみな
⑧月のもちはかりなりけれは女身にかさひと
⑨つふたついてきにけり女いひをこせたる
⑩今はなにの心もなし身にかさもひとつ
_____________________
①ふたついてたり時もいとあつしすこし秋
②風ふきたちなん時かならすあはむといへり
③けり秋まつころをひにこゝかしこよりその
④人のもとへいなむすなりとてくせちいて
⑤きにけりさりけれは女のせうとにはかに
⑥むかへにきたりされはこの女かえてのはつ
⑦もみちをひろはせてうたをよみてかき
⑧つけてをこせたり
⑨  秋かけていひしなからもあらなくに
⑩  この葉ふりしくえにこそありけれ
_____________________
①とかきをきてかしこより人をこせはこれ
②をやれとていぬさてやかてのちつゐにけふ
③まてしらすよくてやあらむあしくてや
④あらんいにし所もしらすかのおとこはあ
⑤まのさかてをうちてなむのろひをるなる
⑥むくつけきこと人のゝろひことはおふ物
⑦にやあらむおはぬ物にやあらんいまこそは
⑧見めとそいふなる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学習院大学蔵伝定家筆本】71丁裏~73丁表
⑦むかしおとこ有けり女をとかくいふこと
⑧月日へにけりいは木にしあらねは
⑨心くるしとや思けんやう\/あはれと
⑩思けりそのころみな月のもちはかり
_____________________
①なりけれは女身にかさひとつふた
②ついてきにけり女いひをこせたる
③今はなにの心もなし身にかさも
④ひとつふたついてたり時もいとあつ
⑤しすこし秋風ふきたちなん時
              [た]
⑥かならすあはむといへりけり秋まつ
⑦ころをひにこゝかしこよりその人の
⑧もとへいなむすなりとてくせちい
         [このイ]
⑨てきにけりさりけれは女のせうとにはかに
_____________________
①むかへにきたりされはこの女かえての
②はつもみちをひろはせてうたを
③よみてかきつけてをこせたり
④  秋かけていひしなからもあらなくに
⑤  この葉ふりしくえにこそありけれ
⑥とかきをきてかしこより人をこせは
⑦これをやれとていぬさてやかてのち
⑧つゐにけふまてしらすよくてやあ
⑨らむあしくてやあらんいにし所もしらす
_____________________
①かのおとこはあまのさかてをうち
②てなむのろひをるなるむくつけ
③きこと人のゝろひことはおふ物にや
④あらむおはぬ物にやあらんいまこそ
⑤は見めとそいふなる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
静嘉堂文庫本】P136~138
_____________________
①昔男ありけり女をとかくいふこと月日へに
②けりいは木にしあらねは心くるしとや思ひ
③けむやう\/あはれと思ひけりそのころみな
④月のもちはかりなりけれは女身にかさひとつ
⑤ふたついてきにけり女いひをこせたる今は
⑥なにの心もなし身にかさもひとつふたつ
⑦いてたり時もいとあつしすこし秋風ふき
⑧たちなむときかならすあはむといへりけり
_____________________
 [まイ]
①秋たつころをひにこゝかしこよりその人
②のもとへいなむすなりとてくせちいてきに
③けりさりけれはこの女のせうとにはかにむ
④かへにきたりされはこの女かえてのはつ
⑤もみちをひろはせてうたをよみてかきつけて
⑥をこせたり
⑦  秋かけていひしなからもあらなくに
⑧  このはふりしくえにこそありけれ
⑨とかきをきてかしこより人をこせはこれを
_____________________
①やれとていぬさてやかてのちつゐにけふまて
②しらすよくてやあらむあしくてやあらむいに
③し所もしらすかのおとこはあまのさかてを
④うちてなむのろひをるなるむくつけきこと
⑤人のゝろひことはおふ物にやあらむおはぬ
⑥ものにやあらむいまこそは見めとそいふなる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈠》
A.河野美術館本62丁裏③……秋まつころをひ
             [た] 
 学習院大蔵本72丁表⑥……秋まつころをひ
            [まイ]
 静嘉堂文庫本P137①………秋たつころをひ
[秋まつ━━天学習・天河野・天冷泉・天細川・定嵯峨・根良経・根為相・根理家・根千葉・根文暦・根九家・大為氏・大阿波・大谷森・塗民局・参為家・非通具
 秋たつ━━武静嘉・武尊鎮・武兼良・根承久・根智蘊
静嘉堂文庫本の校異の書込みは朱書きとのことで影印本では確認できないが山田清市氏の翻刻(古典文庫229)により補った。

_____________________
B.河野美術館本62丁裏⑤……女のせうと
          [このイ]
 学習院大蔵本72丁表⑨……女のせうと
 静嘉堂文庫本P137③………この女のせうと
[女の━━天学習・天河野・天冷泉・天細川・定嵯峨・根千葉・参為家
 この女の━━武静嘉・武尊鎮・武兼良・根良経・根為相・根承久・根理家・根文暦・根九家・根智蘊・大為氏・大阿波・大谷森・塗民局
 この女━━非通具]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈡》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈢》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本第96段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/06/091931
九州大学図書館蔵伝三条西実隆筆細川文庫本第96段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/05/01/133313
伝青蓮院尊鎮親王筆本第96段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/07/05/211748