伊勢物語翻刻 by 片島諒

伊勢物語各種影印本の翻刻を行います

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第六十九段《君やこしわれやゆきけむおもほえす》

【伝尊鎮親王筆本】P83〜87
②昔おとこ有けりそのおとこ伊勢のくにゝかりのつ
③かひにいきけるにかのいせの齋宮なりける人の
④おやつねのつかひよりはこの人よくいたはれといひや
⑤れりけれはおやのことなりけれはいとねん頃にいた
⑥はりけりあしたにはかりにいたしたてゝやり夕さりは
⑦かへりつゝそこにこさせけりかくてねむころにいたつ
⑧きけり二日といふ夜おとこわれてあはむといふ女もはた
⑨あはしともおもへらすされと人めしけゝれはえ
_____________________
①はすつかひさねとある人なれはとをくもやとさす
    [イ無]
②女のねやもちかくありけれは女ひとをしつめてねひ
③とつ許におとこのもとにきたりけり男はたねられ
④さりけれはとの方を見いたしてふせるに月のお
⑤ほろなるにちひさきわらはをさきにたてゝ人た
⑥てりおとこいとうれしくてわかぬる所にゐていりて
⑦ねひとつよりうしみつまてあるにまたなにこともか
⑧たらはぬにかへりにけりおとこいとかなしくてねす
⑨なりにけりつとめていふかしけれとわか人をやるへきにし
_____________________
①あらねはいと心もとなくてまちをれはあけはなれ②てしはしあるに女のもとよりことはゝなくて
③  君やこしわれやゆきけむおもほえす
④  夢かうつゝかねてかさめてか
⑤おとこいといたうなきてよめる
⑥  かきくらす心のやみにまとひにき
         [一説よひと]
⑦  ゆめうつゝとはこよひさためよ
⑧とよみてやりてかりにいてぬ野にありけと心はそら
⑨にてこよひたに人しつめていととくあはむと思ふに
_____________________
①くにのかみいつきの宮のかみかけたるかりのつかひあり
②ときゝてよひとよさけのみしけれはもはらあひ
③事も[え]せてあけはおはりのくにへたちなむとすれは
④おとこも人しれすちのなみたをなかせとえあはす
⑤夜やう\/あけなむとするほとに女かたよりいたすさか
⑥月のさらにうたをかきていたしたりとりてみれは
⑦  かち人のわたれとぬれぬえにしあれは
⑧とかきてすゑはなしそのさか月のさらについまつの
⑨すみしてうたのすゑをかきつく
_____________________
①  又あふさかのせきはこえなむ
②とてあくれはおはりのくにへこえにけり
③齋宮は水のおの御時文德天皇の御女これた
④かのみこのいもうと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学習院大学蔵伝定家筆本】49丁表~51丁裏
_____________________
①むかしおとこ有けりそのおとこ伊
②勢のくにゝかりの使にいきけるに
③かの伊勢の齋宮なりける人のおや
④つねのつかひよりはこの人よくいた
⑤はれといひやれりけれはおやのこと
⑥なりけれはいとねむころにいたはり
⑦けりあしたにはかりにいたしたてゝ
⑧やりゆふさりはかへりつゝそこにこさ
⑨せけりかくてねむころにいたつき
⑩けり二日といふ夜おとこわれて
_____________________
          [イ無]
①あはむといふ女もはたいとあはし
②ともおもへらすされと人めしけゝれは
③えあはすつかひさねとある人な
④れはとをくもやとさす女のねやちか
⑤くありけれは女ひとをしつめて
⑥ねひとつ許におとこのもとにきたり
⑦けりおとこはたねられさりけれは
⑧とのかたを見いたしてふせるに月
⑨のおほろなるにちひさきわらは
⑩をさきにたてゝ人たてりおとこ
_____________________
①いとうれしくてわかぬる所にゐていり
②てねひとつよりうしみつまてあるに
③またなにこともかたらはぬにかへり
④にけりおとこいとかなしくてねす
⑤なりにけりつとめていふかしけれと
⑥わか人をやるへきにしあらねは
⑦いと心もとなくてまちをれはあけ
⑧はなれてしはしあるに女のもと
⑨よりことはゝなくて
[古今]
⑩  きみやこし我やゆきけむおもほえす
_____________________
①  夢かうつゝかねてかさめてか
②おとこいといたうなきてよめる
[古今]
③  かきくらす心のやみにまとひにき
       [一説よひと]
④  ゆめうつゝとはこよひさためよ
⑤とよみてやりてかりにいてぬ野に
⑥ありけと心はそらにてこよひた
⑦に人しつめていとゝくあはむと思
⑧にくにのかみいつきの宮のかみか
⑨けたるかりのつかひありときゝて
⑩夜ひとよさけのみしけれは
_____________________
①もはらあひこともえせてあけは
②おはりのくにへたちなむとすれは
③をとこも人しれすちのなみたを
④なかせとえあはす夜やう\/あけ
⑤なむとするほとに女かたより
⑥いたすさかつきのさらに哥をかきて
⑦いたしたりとりてみれは
⑧  かち人のわたれとぬれぬえにしあれは
⑨とかきてすゑはなしそのさかつき
⑩のさらについまつのすみしてうたの
_____________________
①すゑをかきつく
②  又あふさかのせきはこえなん
③とてあくれはおはりのくにへこえにけり
④齋宮は水のおの御時文德天皇
⑤御むすめこれたかのみこのいもうと
  恬子内親王

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
静嘉堂文庫本】P92~98
_____________________
①昔おとこ有けりそのおとこ伊勢のくにゝ
②かりのつかひにいきけるにかのいせの
③齋宮なりける人のおやつねのつかひより
④はこの人よくいたはれといひやれりけれは
⑤おやのことなりけれはいとねむころにいた
⑥はりけりあしたにはかりにいたしたてゝ
⑦やりゆふさりはかへりつゝそこにこさせけり
⑧かくてねむころにいたつきけり二日といふ夜
_____________________
                [いとイ]
①おとこわれてあはむといふ女もはたあはし
②ともおもへらすされと人めしけゝれはえ
③あはすつかひさねとある人なれは
            [イ無]
④とをくもやとさす女のねやもちかくあり
⑤けれは女ひとをしつめてねひとつ許
⑥におとこのもとにきたりけりおとこはた
⑦ねられさりけれはとの方を見いたしてふ
⑧せるに月のおほろなるにちひさき
_____________________
①わらはをさきにたてゝ人たてりおとこ
②いとうれしくてわかぬるところにゐていり
③てねひとつよりうしみつまてあるにまた
④なにこともかたらはぬにかへりにけりおとこ
⑤いとかなしくてねすなりにけりつとめて
⑥いふかしけれとわか人をやるへきにしあらね
⑦はいと心もとなくてまちをれはあけはなれ
⑧てしはしあるに女のもとよりことはゝなくて
⑨  きみやこしわれやゆきけむおもほえす
_____________________
①  夢かうつゝかねてかさめてか
②おとこいといたうなきてよめる
③  かきくらす心のやみにまとひにき
       [一説よひと]
④  ゆめうつゝとはこよひさためよ
⑤とよみてやりてかりにいてぬ野にありけと
⑥心はそらにてこよひたに人しつめていと
⑦とくあはむとおもふにくにのかみいつき
⑧の宮のかみかけたるかりのつかひありときゝて
⑨よひとよさけのみしけれはもはらあひ
_____________________
①事もえせてあけはおはりのくにへた
②ちなむとすれはおとこも人しれすちの
③なみたをなかせとえあはす夜やう\/
④あけなむとするほとに女かたよりいた
⑤すさかつきのさらにうたをかきていた
⑥したりとりて見れは
⑦  かち人のわたれとぬれぬえにしあれは
⑧とかきてすゑはなしそのさか月のさらに
_____________________
①ついまつのすみしてうたのすゑをかきつく
②  又あふさかのせきはこえなむ
③とてあくれはおはりのくにへこえにけり
④齋宮は水のおの御時文德天皇の御女
⑤これたかのみこのいもうと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈠》
A.尊鎮親王筆本P83⑧…………はたあはしとも
             [イ無] 
 学習院大蔵本49丁裏①……はたいとあはしとも
             [いとイ]
 静嘉堂文庫本P94①…………はたあはしとも
[はたいとあはしとも━━天学習・天河野・天冷泉・天細川・根九家・根良経・根千葉・根文暦・根為相・根承久・塗民局・参為家・非通具
 はたあはしとも━━武静嘉・武尊鎮・定嵯峨・根智蘊・根理家・非藤房
 はたいともてはなれても━━大谷森・大阿波
 いともてはなれてしも━━大為氏
 はたいなにはあらされとも━━非実践]
_____________________
              [イ無]
B.尊鎮親王筆本P84②…………ねやもちかく
 学習院大蔵本49丁裏④……ねやちかく
              [イ無]
 静嘉堂文庫本P94④…………ねやもちかく
[ねやちかく━━天学習・天河野・天冷泉・天細川・大為氏・大谷森・大阿波・塗民局・参為家
 ねやもちかく━━武静嘉・武尊鎮・定嵯峨・根九家・根良経・根智蘊・根理家・根千葉・根文暦・根為相・根承久・非通具・非藤房
 女の閨をなむ━━非実践]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈡》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈢》
A.尊鎮親王筆本P86④…………おとこ
 学習院大蔵本51丁表③……をとこ
 静嘉堂文庫本P97②…………おとこ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

河野美術館蔵三条西実隆筆本第69段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2016/10/26/153227
宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本第69段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/02/220506
九州大学図書館蔵伝三条西実隆筆細川文庫本第69段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/26/222341
九州大学図書館蔵伝藤原為家筆細川文庫本第69段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/10/13/143029