読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊勢物語翻刻 by 片島諒

伊勢物語各種影印本の翻刻を行います

①河野美術館蔵実隆筆本・第六十九段《きみやこし我やゆきけむおもほえす》

【河野美術館蔵実隆筆本】42丁裏~43丁裏
③むかしおとこ有けりそのおとこ伊勢の
④くにゝかりの使にいきけるにかの伊勢の
⑤齋宮なりける人のおやつねのつかひより
⑥はこの人よくいたはれといひやれりけれは
⑦おやのことなりけれはいとねむころにいた
⑧はりけりあしたにはかりにいたしたてゝ
⑨やりゆふさりはかへりつゝそこにこさせけ
⑩りかくてねむころにいたつきけり二日と
_____________________
①いふ夜おとこわれてあはむといふ女もはた
②いとあはしともおもへらすされと人めし
③けゝれはえあはすつかひさねとある人なれ
④はとをくもやとさす女のねやちかくあり
⑤けれは女ひとをしつめてねひとつ許にお
⑥とこのもとにきたりけりおとこはたねられ
⑦さりけれはとのかたを見いたしてふせるに
⑧月のおほろなるにちひさきわらはをさ
⑨きにたてゝ人たてりおとこいとうれしくて
⑩わかぬる所にゐていりてねひとつよりうし
_____________________
①みつまてあるにまたなにこともかたらは
②ぬにかへりにけりおとこいとかなしくてね
③すなりにけりつとめていふかしけれとわか
④人をやるへきにしあらねはいと心もとなく
⑤てまちをれはあけはなれてしはしあるに
⑥女のもとよりことはゝなくて
[古今]
⑦  きみやこし我やゆきけむおもほえす
⑧  夢かうつゝかねてかさめてか
⑨おとこいといたうなきてよめる
[古今]
⑩  かきくらす心のやみにまとひにき
_____________________
       [一説よひと]
①  ゆめうつゝとはこよひさためよ
②とよみてやりてかりにいてぬ野にありけ
③と心はそらにてこよひたに人しつめてい
④とゝくあはむと思にくにのかみいつきの宮
⑤のかみかけたるかりのつかひありときゝて夜ひと
⑥よさけのみしけれはもはらあひこともえ
⑦せてあけはおはりのくにへたちなむとすれは
⑧をとこも人しれすちのなみたをなかせと
⑨えあはす夜やう\/あけなむとするほと
⑩に女かたよりいたすさかつきのさらに哥
_____________________
①をかきていたしたりとりてみれは
②  かち人のわたれとぬれぬえにしあれは
③とかきてすゑはなしそのさかつきのさら
④についまつのすみしてうたのすゑをかき
⑤つく
⑥  又あふさかのせきはこえなん
⑦とてあくれはおはりのくにへこえにけり
⑧齋宮は水のおの御時文德天皇の御む
⑨すめこれたかのみこのいもうと
  恬子内親王

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学習院大学蔵伝定家筆本】49丁表~51丁裏
_____________________
①むかしおとこ有けりそのおとこ伊
②勢のくにゝかりの使にいきけるに
③かの伊勢の齋宮なりける人のおや
④つねのつかひよりはこの人よくいた
⑤はれといひやれりけれはおやのこと
⑥なりけれはいとねむころにいたはり
⑦けりあしたにはかりにいたしたてゝ
⑧やりゆふさりはかへりつゝそこにこさ
⑨せけりかくてねむころにいたつき
⑩けり二日といふ夜おとこわれて
_____________________
          [イ無]
①あはむといふ女もはたいとあはし
②ともおもへらすされと人めしけゝれは
③えあはすつかひさねとある人な
④れはとをくもやとさす女のねやちか
⑤くありけれは女ひとをしつめて
⑥ねひとつ許におとこのもとにきたり
⑦けりおとこはたねられさりけれは
⑧とのかたを見いたしてふせるに月
⑨のおほろなるにちひさきわらは
⑩をさきにたてゝ人たてりおとこ
_____________________
①いとうれしくてわかぬる所にゐていり
②てねひとつよりうしみつまてあるに
③またなにこと✼もかたらはぬにかへり
④にけりおとこいとかなしくてねす
⑤なりにけりつとめていふかしけれと
⑥わか人をやるへきにしあらねは
⑦いと心もとなくてまちをれはあけ
⑧はなれてしはしあるに女のもと
⑨よりことはゝなくて
[古今]
⑩  きみやこし我やゆきけむおもほえす
_____________________
①  夢かうつゝかねてかさめてか
②おとこいといたうなきてよめる
[古今]
③  かきくらす心のやみにまとひにき
       [一説よひと]
④  ゆめうつゝとはこよひさためよ
⑤とよみてやりてかりにいてぬ野に
⑥ありけと心はそらにてこよひた
⑦に人しつめていとゝくあはむと思
⑧にくにのかみいつきの宮のかみか
⑨けたるかりのつかひありときゝて
⑩夜ひとよさけのみしけれは
_____________________
①もはらあひこともえせてあけは
②おはりのくにへたちなむとすれは
③をとこも人しれすちのなみたを
④なかせとえあはす夜やう\/あけ
⑤なむとするほとに女かたより
⑥いたすさかつきのさらに哥をかきて
⑦いたしたりとりてみれは
⑧  かち人のわたれとぬれぬえにしあれは
⑨とかきてすゑはなしそのさかつき
⑩のさらについまつのすみしてうたの
_____________________
①すゑをかきつく
②  又あふさかのせきはこえなん
③とてあくれはおはりのくにへこえにけり
④齋宮は水のおの御時文德天皇
⑤御むすめこれたかのみこのいもうと
  恬子内親王

✼この部分、小林茂美氏の翻刻(新典社「影印校注古典叢書6伊勢物語」)では『またなにことゝも』となっているが、「伊勢物語の研究 校本篇」(池田亀鑑)・「岩波古典文学大系」(大津有一・築島裕)はいずれも『またなにことも』と翻刻している。画像では微妙だが、河野美術館本や冷泉為和筆本を見ても池田亀鑑氏らの翻刻が妥当か。f:id:nobinyanmikeko:20170312231239j:plain
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
静嘉堂文庫本】P92~98
_____________________
①昔おとこ有けりそのおとこ伊勢のくにゝ
②かりのつかひにいきけるにかのいせの
③齋宮なりける人のおやつねのつかひより
④はこの人よくいたはれといひやれりけれは
⑤おやのことなりけれはいとねむころにいた
⑥はりけりあしたにはかりにいたしたてゝ
⑦やりゆふさりはかへりつゝそこにこさせけり
⑧かくてねむころにいたつきけり二日といふ夜
_____________________
               [いとイ]
①おとこわれてあはむといふ女もはたあはし
②ともおもへらすされと人めしけゝれはえ
③あはすつかひさねとある人なれは
            [イ無]
④とをくもやとさす女のねやもちかくあり
⑤けれは女ひとをしつめてねひとつ許
⑥におとこのもとにきたりけりおとこはた
⑦ねられさりけれはとの方を見いたしてふ
⑧せるに月のおほろなるにちひさき
_____________________
①わらはをさきにたてゝ人たてりおとこ
②いとうれしくてわかぬるところにゐていり
③てねひとつよりうしみつまてあるにまた
④なにこともかたらはぬにかへりにけりおとこ
⑤いとかなしくてねすなりにけりつとめて
⑥いふかしけれとわか人をやるへきにしあらね
⑦はいと心もとなくてまちをれはあけはなれ
⑧てしはしあるに女のもとよりことはゝなくて
⑨  きみやこしわれやゆきけむおもほえす
_____________________
①  夢かうつゝかねてかさめてか
②おとこいといたうなきてよめる
③  かきくらす心のやみにまとひにき
       [一説よひと]
④  ゆめうつゝとはこよひさためよ
⑤とよみてやりてかりにいてぬ野にありけと
⑥心はそらにてこよひたに人しつめていと
⑦とくあはむとおもふにくにのかみいつき
⑧の宮のかみかけたるかりのつかひありときゝて
⑨よひとよさけのみしけれはもはらあひ
_____________________
①事もえせてあけはおはりのくにへた
②ちなむとすれはおとこも人しれすちの
③なみたをなかせとえあはす夜やう\/
④あけなむとするほとに女かたよりいた
⑤すさかつきのさらにうたをかきていた
⑥したりとりて見れは
⑦  かち人のわたれとぬれぬえにしあれは
⑧とかきてすゑはなしそのさか月のさらに
_____________________
①ついまつのすみしてうたのすゑをかきつく
②  又あふさかのせきはこえなむ
③とてあくれはおはりのくにへこえにけり
④齋宮は水のおの御時文德天皇の御女
⑤これたかのみこのいもうと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈠》
A.河野美術館本43丁表①……はたいとあはしとも
             [イ無] 
 学習院大蔵本49丁裏①……はたいとあはしとも
             [いとイ]
 静嘉堂文庫本P94①…………はたあはしとも
[はたいとあはしとも━━天学習・天河野・天冷泉・天細川・根九家・根良経・根千葉・根文暦・根為相・根承久・塗民局・参為家・非通具
 はたあはしとも━━武静嘉・武尊鎮・定嵯峨・根智蘊・根理家・非藤房
 はたいともてはなれても━━大谷森・大阿波
 いともてはなれてしも━━大為氏
 はたいなにはあらされとも━━非実践]
静嘉堂文庫本の校異の書込みは朱書きとのことで影印本では確認できないが山田清市氏の翻刻(古典文庫229)により補った。
_____________________

B.河野美術館本43丁表④……ねやちかく
 学習院大蔵本49丁裏④……ねやちかく
             [イ無]
 静嘉堂文庫本P94④…………ねやもちかく
[ねやちかく━━天学習・天河野・天冷泉・天細川・大為氏・大谷森・大阿波・塗民局・参為家
 ねやもちかく━━武静嘉・武尊鎮・定嵯峨・根九家・根良経・根智蘊・根理家・根千葉・根文暦・根為相・根承久・非通具・非藤房
 女の閨をなむ━━非実践]
静嘉堂文庫本の校異の書込みは朱書きとのことで影印本では確認できないが山田清市氏の翻刻(古典文庫229)により補った。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈡》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈢》
A.河野美術館本44丁表⑧……をとこ
 学習院大蔵本51丁表③……をとこ
 静嘉堂文庫本P97②…………おとこ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本第69段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/02/220506
九州大学図書館蔵伝三条西実隆筆細川文庫本第69段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/26/222341