伊勢物語翻刻 by 片島諒

伊勢物語各種影印本の翻刻を行います

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第七十八段《あかねともいはにそかふるいろみえぬ》

【伝尊鎮親王筆本】P94〜96
③むかしたかきこと申す女御おはしましけりうせ給て
④なゝなぬかのみわさ安祥寺にてしけり右大將
⑤ふちはらのつねゆきといふ人いまそかりけりそのみ
⑥わさにまうて給ひてかへさに山しなのせんしのみこ
人康親王 仁明第四四品弾正尹 貞觀元年五月入道
⑦おはしますその山しなの宮にたきおとし水はしらせ
          同十四年薨四十二 号山科宮
⑧なとしておもしろくつくられたるにまうてたまうて
⑨としころよそにはつかうまつれとちかくはいまたつかう
_____________________
①まつらすこよひはこゝにさふらはむと申たまふみこよ
②ろこひたまふてよるのおましのまうけせさせたまふ
③さるにこの大將いてゝたはかりたまふやう宮つかへの
④はしめにたゝなをやはあるへき三条のおほみゆ
⑤きせし時きのくにの千里のはまにありけるいと
⑥おもしろきいしたてまつれりきおほみゆきのゝち
⑦たてまつれりしかはある人のみさうしのまへのみ
⑧そにすへたりしをしまこのみたまふきみなりこのい
⑨しをたてまつらむとのたまひてみすいしんとねりして
_____________________
①とりにつかはすいくはくもなくてもてきぬこの石きゝし
②よりはみるはまされりこれをたゝにたつまつらはすゝ
③ろなるへしとて人々にうたよませたまふ右のむま
④のかみなりける人のをなむあおきこけをきさみて
⑤まきゑのかたにこのうたをつけてたてまつりける
⑥  あかねともいはにそかふるいろみえぬ
⑦  こゝろをみせむよしのなけれは
⑧となむよめりける

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学習院大学蔵伝定家筆本】55丁裏〜57丁裏
③むかしたかきこと申す女御おは
④しましけりうせ給てなゝ七日の
⑤みわさ安祥寺にてしけり
_____________________
①右大將ふちはらのつねゆきといふ
②人いまそかりけりそのみわさにま
③うてたまひてかへさに山しなの
 禪師
④せんしのみこおはしますその山
⑤しなの宮にたきおとし水はし
⑥らせなとしておもしろくつくられ
⑦たるにまうてたまうてとしころよ
⑧そにはつかうまつれとちかくはいまた
⑨つかうまつらすこよひはこゝにさ
⑩ふらはむと申たまふみこよろこひたまふて
_____________________
①よるのおまし[の]まうけせさせ給
サネ
人康親王仁明第四四品弾正尹号山科宮
貞觀元年五月入道同十四年薨四十二
②さるにかの大將いてゝたはかり
③たまふやうみやつかへのはしめに
④たゝなをやはあるへき三條のお
⑤ほみゆきせし時きのくにの千里
⑥のはまにありけるいとおもしろき
⑦いしたてまつれりきおほみゆきの
貞觀八年三月卄三日行幸右大臣良相百花亭
_____________________
①のちたてまつれりしかはある人
②のみさうしのまへのみそにすへ
③たりしをしまこのみ給きみ也
④このいしをたてまつらんとのたまひ
⑤てみすいしんとねりしてとりに
⑥つかはすいくはくもなくてもてき
⑦ぬこのいしきゝしよりは見るは
⑧まされりこれをたゝにたてまつらは
⑨すゝろなるへしとて人\/にうたよ
右大將依佐監右馬頭相伴歟他本也
⑩ませたまふみきのむまのかみ
_____________________
①なりける人のをなむあおきこけ
②をきさみてまきゑのかたにこのうたを
③つけてたてまつりける
④  あかねともいはにそかふる色見えぬ
⑤  心を見せむよしのなけれは
⑥となむよめりける

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
静嘉堂文庫本】P106~109
⑥むかしたかきこと申す女御おはしましけり
⑦うせ給てなゝなぬかのみわさ安祥寺
⑧にてしけり右大將ふちはらのつねゆきといふ人
_____________________
①いまそかりけりそのみわさにまうて給ひて
②かへさに山しなのせんしのみこおはします
人康親王 仁明第四四品弾正尹 貞觀元年五月入道
③その山しなの宮にたきおとし水はし
同十四年薨四十二 号山科宮
④らせなとしておもしろくつくられたるに
⑤まうてたまうてとしころよそにはつかう
⑥まつれとちかくはいまたつかうまつらすこよひ
⑦はこゝにさふらはむと申たまふみこよろこ
⑧ひたまうてよるのおましのまうけせさせ
      [かイ]
⑨たまふさるにこの大將いてゝたはかりたまふ
_____________________
①やう宮つかへのはしめにたゝなをやは
②あるへき三条のおほみゆきせし時きの
③くにの千里のはまにありけるいとおも
④しろきいしたてまつれりきおほみゆき
⑤のゝちたてまつれりしかはある人のみさ
⑥うしのまへのみそにすへたりしをしま
⑦このみたまふきみなりこのいしをたてまつら
⑧むとのたまひてみすいしんとねりしてとりにつかはす
_____________________
①いくはくもなくてもてきぬこのいしきゝし
②よりは見るはまされりこれをたゝにたてま
③つらはすゝろなるへしとて人ゝにうたよませ
    右大將依佐監 右馬頭 相伴歟 
④たまふみきのむまのかみなりける人のを
⑤なむあおきこけをきさみてまきゑのかたに
⑥このうたをつけてたてまつりける
⑦  あかねともいはにそかふるいろ見えぬ
⑧  こゝろを見せむよしのなけれは
⑨となむよめりける
_____________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈠》
A.尊鎮親王筆本P95③…………この大將
 学習院大蔵本56丁裏②……かの大將
            [かイ]
 静嘉堂文庫本P107⑨………この大將
[かの大將━━天学習・天河野・天冷泉・天細川・定嵯峨・根九家・根良経・根理家・根千葉・根文暦・根為相・根承久・参為家・大為氏・大谷森・大阿波・非通具・非藤房
 この大將━━武静嘉・武尊鎮・根智蘊・塗民局]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈡》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈢》
A.尊鎮親王筆本P95①…………よろこひたまふて
 学習院大蔵本56丁表⑩……よろこひたまふて
 静嘉堂文庫本P107⑦………よろこひたまうて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

河野美術館蔵三条西実隆筆本第78段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2016/10/28/164126
宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本第78段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/04/060831
九州大学図書館蔵伝三条西実隆筆細川文庫本第78段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/28/112656