伊勢物語翻刻 by 片島諒

伊勢物語各種影印本の翻刻を行います

①河野美術館蔵実隆筆本・第七十八段《あかねともいはにそかふる色見えぬ》

【河野美術館蔵実隆筆本】48丁裏~49丁裏
_____________________
①むかしたかきこと申す女御おはしまし
②けりうせ給てなゝ七日のみわさ安祥寺に
③てしけり右大将ふちはらのつねゆきと
④いふ人いまそかりけりそのみわさにまうて
             禪師
⑤たまひてかへさに山しなのせんしのみこ
サネ✼
人康親王仁明第四四品弾正尹号山科宮貞觀元年五月入道同十四年薨四十二
⑥おはしますその山しなの宮にたきおとし
⑦水はしらせなとしておもしろくつくられ
⑧たるにまうてたまうてとしころよそには
⑨つかうまつれとちかくはいまたつかうまつらすこ
⑩よひはこゝにさふらはむと申たまふみこよ
_____________________
①ろこひたまふてよるのおましのまうけせ
②させ給さるにかの大将いてゝたはかりたま
③ふやうみやつかへのはしめにたゝなをや
④はあるへき三條のおほみゆきせし時きの
⑤くにの千里のはまにありけるいとおもしろき
貞觀八年三月卄三日行幸右大臣良相百花亭
⑥いしたてまつれりきおほみゆきののち
⑦たてまつれりしかはある人のみさうしの
⑧まへのみそにすへたりしをしまこのみ給
⑨きみ也このいしをたてまつらんとのたまひ
⑩てみすいしんとねりしてとりにつかはす
_____________________
①いくはくもなくてもてきぬこのいしきゝし
②よりは見るはまされりこれをたゝにたて
③まつらはすゝろなるへしとて人\/にうた
④よませたまふみきのむまのかみなりける
⑤人のをなむあおきこけをきさみてまき
⑥ゑのかたにこのうたをつけてたてまつり
⑦ける
⑧  あかねともいはにそかふる色見えぬ
⑨  心を見せむよしのなけれは
⑩となむよめりける
_____________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学習院大学蔵伝定家筆本】55丁裏〜57丁裏
③むかしたかきこと申す女御おは
④しましけりうせ給てなゝ七日の
⑤みわさ安祥寺にてしけり
_____________________
①右大將ふちはらのつねゆきといふ
②人いまそかりけりそのみわさにま
③うてたまひてかへさに山しなの
 禪師
④せんしのみこおはしますその山
⑤しなの宮にたきおとし水はし
⑥らせなとしておもしろくつくられ
⑦たるにまうてたまうてとしころよ
⑧そにはつかうまつれとちかくはいまた
⑨つかうまつらすこよひはこゝにさ
⑩ふらはむと申たまふみこよろこひたまふて
_____________________
①よるのおまし[の]まうけせさせ給
サネ✼
人康親王仁明第四四品弾正尹号山科宮
貞觀元年五月入道同十四年薨四十二
②さるにかの大將いてゝたはかり
③たまふやうみやつかへのはしめに
④たゝなをやはあるへき三條のお
⑤ほみゆきせし時きのくにの千里
⑥のはまにありけるいとおもしろき
⑦いしたてまつれりきおほみゆきの
貞觀八年三月卄三日行幸右大臣良相百花亭
_____________________
①のちたてまつれりしかはある人
②のみさうしのまへのみそにすへ
③たりしをしまこのみ給きみ也
④このいしをたてまつらんとのたまひ
⑤てみすいしんとねりしてとりに
⑥つかはすいくはくもなくてもてき
⑦ぬこのいしきゝしよりは見るは
⑧まされりこれをたゝにたてまつらは
⑨すゝろなるへしとて人\/にうたよ
右大將依佐監右馬頭相伴歟他本也
⑩ませたまふみきのむまのかみ
_____________________
①なりける人のをなむあおきこけ
②をきさみてまきゑのかたにこのうたを
③つけてたてまつりける
④  あかねともいはにそかふる色見えぬ
⑤  心を見せむよしのなけれは
⑥となむよめりける

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
静嘉堂文庫本】P106~109
⑥むかしたかきこと申す女御おはしましけり
⑦うせ給てなゝなぬかのみわさ安祥寺
⑧にてしけり右大將ふちはらのつねゆきといふ人
_____________________
①いまそかりけりそのみわさにまうて給ひて
②かへさに山しなのせんしのみこおはします
人康親王 仁明第四四品弾正尹 貞觀元年五月入道
③その山しなの宮にたきおとし水はし
同十四年薨四十二 号山科宮
④らせなとしておもしろくつくられたるに
⑤まうてたまうてとしころよそにはつかう
⑥まつれとちかくはいまたつかうまつらすこよひ
⑦はこゝにさふらはむと申たまふみこよろこ
⑧ひたまうてよるのおましのまうけせさせ
      [かイ]
⑨たまふさるにこの大將いてゝたはかりたまふ
_____________________
①やう宮つかへのはしめにたゝなをやは
②あるへき三条のおほみゆきせし時きの
③くにの千里のはまにありけるいとおも
④しろきいしたてまつれりきおほみゆき
⑤のゝちたてまつれりしかはある人のみさ
⑥うしのまへのみそにすへたりしをしま
⑦このみたまふきみなりこのいしをたてまつら
⑧むとのたまひてみすいしんとねりしてとりにつかはす
_____________________
①いくはくもなくてもてきぬこのいしきゝし
②よりは見るはまされりこれをたゝにたてま
③つらはすゝろなるへしとて人ゝにうたよませ
    右大將依佐監 右馬頭 相伴歟 
④たまふみきのむまのかみなりける人のを
⑤なむあおきこけをきさみてまきゑのかたに
⑥このうたをつけてたてまつりける
⑦  あかねともいはにそかふるいろ見えぬ
⑧  こゝろを見せむよしのなけれは
⑨となむよめりける
_____________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈠》
A.河野美術館本49丁表②……かの大將
 学習院大蔵本56丁裏②……かの大將
           [かイ]
 静嘉堂文庫本P107⑨………この大將
[かの大將━━天学習・天河野・天冷泉・天細川・定嵯峨・根九家・根良経・根理家・根千葉・根文暦・根為相・根承久・参為家・大為氏・大谷森・大阿波・非通具・非藤房
 この大將━━武静嘉・武尊鎮・根智蘊・塗民局]
静嘉堂文庫本の校異の書込みは朱書きとのことで影印本では確認できないが山田清市氏の翻刻(古典文庫229)により補った。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈡》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈢》
A.河野美術館本48丁裏⑩……よろこひたまふて
 学習院大蔵本56丁表⑩……よろこひたまふて
 静嘉堂文庫本P107⑦………よろこひたまうて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《備考》
★✼の部分、小林茂美氏は『さね』と翻刻している。(池田亀鑑氏の「伊勢物語の研究 校本篇」には振仮名部分の記載無し)。
ただ画像の通り、ここは『七子』と書かれているように見える。『七』という字形から見て、これは平仮名ではなく片仮名ではないだろうか。
学習院大学蔵伝定家筆本f:id:nobinyanmikeko:20170314185118j:plain
河野美術館蔵実隆筆本f:id:nobinyanmikeko:20170314185823j:plain
宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本f:id:nobinyanmikeko:20170314190627j:plain
国語学辞典『カタカナ』の項よりf:id:nobinyanmikeko:20170314191506j:plain

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本第78段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/04/060831
九州大学図書館蔵伝三条西実隆筆細川文庫本第78段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/28/112656
伝青蓮院尊鎮親王筆本第78段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/06/17/203858
九州大学図書館蔵伝藤原為家筆細川文庫本第78段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/10/22/212710