読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊勢物語翻刻 by 片島諒

伊勢物語各種影印本の翻刻を行います

②宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本・第四十一段《むらさきの色こき時はめもはるに》

宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本】P62~64
⑦昔女はらからふたりありけり
⑧ひとりはいやしきおとこのまつしき
⑨ひとりはあてなるおとこもたりけり
⑩いやしきおとこもたるしはすのつこ
_____________________
①もりにうへのきぬをあらひてゝつから
②はりけり心さしはいたしけれと
③さるいやしきわさもならはさり
④けれはうへのきぬのかたをはりや
⑤りてけりせむ方もなくてたゝなきに
⑥なきけりこれをかのあてなるお
⑦とこき✼■ていと心くるしかりけれはいと
⑧きよらなるろうさうのうへのきぬを
⑨見いてゝやるとて
[古今]
⑩✼✼[む]らさきの色こき時はめもはるに
_____________________
①  野なる草木そわかれさりける
②むさしのゝ心なるへし

✼ここは『ゝ』があるべき所だが、影印本では確認できない。スペースは空いているので影印処理の際にうまく印刷に出なかったものか、あるいは摩耗で消えたものか。f:id:nobinyanmikeko:20170331184452j:plain
✼✼ここは補入の『○』印が左にあり、歌なのに一字下げになっていない。初め『む』を抜かして『ら』から書いてしまい後から『む』を書き加えたものと思われる。f:id:nobinyanmikeko:20170331185049j:plain

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学習院大学蔵伝定家筆本】31丁裏~32丁裏
⑦昔女はらからふたりありけり
⑧ひとりはいやしきおとこのまつしき
⑨ひとりはあてなるおとこもたりけり
⑩いやしきおとこもたるしはすのつこ
_____________________
①もりにうへのきぬをあらひてゝつから
②はりけり心さしはいたしけれと
③さるいやしきわさもならはさり
④けれはうへのきぬのかたをはりや
⑤りてけりせむ方もなくてたゝなきに
⑥なきけりこれをかのあてなるお
⑦とこきゝていと心くるしかりけれはいと
⑧きよらなるろうさうのうへのきぬを
⑨見いてゝやるとて
[古今]
⑩  むらさきの色こき時はめもはるに
_____________________
①  野なる草木そわかれさりける
②むさしのゝ心なるへし

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
静嘉堂文庫本】P57~59
⑧昔女はらからふたりありけりひとりはいやしき
_____________________
①おとこのまつしきひとりはあてなるおとこも
②たりけりいやしきおとこもたるしはすのつこ
③もりにうへのきぬをあらひてゝつからはりけり心
④さしはいたしけれとさるいやしきわさもなら
⑤はさりけれはうへのきぬのかたをはりやりて
⑥けりせむかたもなくてたゝなきになきけり
⑦これをかのあてなるおとこきゝていと心くるし
⑧かりけれはいときよらなるろうさうのうへのきぬ
⑨を見いてゝやるとて
_____________________
①  むらさきのいろこき時はめもはるに
②  のなるくさ木そわかれさりける
③むさしのゝ心なるへし

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈠》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈡》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈢》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━