伊勢物語翻刻 by 片島諒

伊勢物語各種影印本の翻刻を行います

②宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本・第二十一段《いてゝいなは心かるしといひやせん》

宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本】P36~40
⑨むかしおとこ女いとかしこく思ひ
_____________________
①かはしてこと心なかりけりさるを
②いかなる事かありけむいさゝかなる
③ことにつけて㔺中をうしと思ひ
④ていてゝいなんと思ひてかゝるうたを
⑤なんよみて物にかきつけゝる
⑥  いてゝいなは心かるしといひやせん
⑦  㔺のありさまを人はしらねは
⑧とよみをきていてゝいにけりこの
⑨女かくかきをきたるをけしう心
⑩をくへきこともおほえぬを
_____________________
①なにゝよりてかかゝらむといといたう
②なきていつかたにもとめゆかむと
③かとにいてゝと見かう見ゝけれと
④いつこをはかりともおほえさり
⑤けれはかへりいりて
⑥  思ふかひなき㔺なりけり年月を
⑦  あたにちきりて我やすまひし
⑧といひてなかめをり
⑨  人はいさ思ひやすらん玉かつら
⑩  おもかけにのみいとゝ見えつゝ
_____________________
①この女いとひさしくありてねむし
②わひてにやありけんいひをこせたる
③  今はとてわするゝ草のたねをたに
④  ひとの心にまかせすも哉
⑤返し
⑥  忘草うふとたにきく物ならは
⑦  思けりとはしりもしなまし
⑧又\/ありしよりけにいひかはしておとこ
[新古今]
⑨  わする覧と思心のうたかひに
⑩  ありしよりけに物そかなしき
_____________________
①返し
[新古今]
②  中そらにたちゐるくものあともなく
③  身のはかなくもなりにける哉
④とはいひけれとをのか㔺ゝになり
⑤にけれはうとくなりにけり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学習院大学蔵伝定家筆本】18丁裏〜20丁裏
⑨むかしおとこ女いとかしこく思ひ
_____________________
①かはしてこと心なかりけりさるを
②いかなる事かありけむいさゝかなる
③ことにつけて㔺中をうしと思ひ
④ていてゝいなんと思ひてかゝるうたを
⑤なんよみて物にかきつけゝる
⑥  いてゝいなは心かるしといひやせん
⑦  㔺のありさまを人はしらねは
⑧とよみをきていてゝいにけりこの
⑨女かくかきをきたるをけしう心
⑩をくへきこともおほえぬを
_____________________
①なにゝよりてかかゝらむといといたう
②なきていつかたにもとめゆかむと
③かとにいてゝと見かう見ゝけれと
④いつこをはかりともおほえさり
⑤けれはかへりいりて
⑥  思ふかひなき㔺なりけり年月を
⑦  あたにちきりて我やすまひし
⑧といひてなかめをり
⑨  人はいさ思ひやすらん玉かつら
⑩  おもかけにのみいとゝ見えつゝ
_____________________
①この女いとひさしくありてねむし
②わひてにやありけんいひをこせたる
③  今はとてわするゝ草のたねをたに
④  ひとの心にまかせすも哉
⑤返し
⑥  忘草うふとたにきく物ならは
⑦  思けりとはしりもしなまし
⑧又\/ありしよりけにいひかはしておとこ
[新古今]
⑨  わする覧と思心のうたかひに
⑩  ありしよりけに物そかなしき
_____________________
①返し
[新古今]
②  中そらにたちゐるくものあともなく
③  身のはかなくもなりにける哉
④とはいひけれとをのか㔺ゝになり
⑤にけれはうとくなりにけり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
静嘉堂文庫本】P32~36
⑥むかしおとこ[女]いとかしこくおもひかはしてこと心
⑦なかりけりさるをいかなる事かありけむいさゝ
⑧かなることにつけて㔺中をうしと思ていて
⑨いなむと思てかゝる哥をなむよみてものに
_____________________
①かきつけゝる
②  いてゝいなは心かるしといひやせむ
③  㔺のありさまを人はしらねは
④とよみをきていてゝいにけりこの女かくかき
⑤をきたるをけしう心をくへきこともおほえ
⑥ぬをなにゝよりてかかゝらむといといたうな
⑦きていつ方にもとめゆかむとかとにいてゝ
⑧と見かう見ゝけれといつこをはかりともおほえ
⑨さりけれはかへりいりて
_____________________
①  おもふかひなき㔺なりけりとし月を
②  あたにちきりてわれやすまひし
③といひてなかめをり
④  人はいさおもひやすらむたまかつら
⑤  おもかけにのみいとゝ見えつゝ
⑥この女いとひさしくありてねむしわひてにや
⑦ありけむいひをこせたる
⑧  いまはとてわするゝくさのたねをたに
⑨  人の心にまかせすもかな
⑩返し
_____________________
①  わすれ草うふとたにきく物ならは
②  おもひけりとはしりもしなまし
③又\/ありしよりけにいひかはしておとこ
④  わする覧と思心のうたかひに
⑤  ありしよりけに物そかなしき
⑥返し
⑦  なかそらにたちゐるくものあともなく
⑧  身のはかなくもなりにける哉
⑨とはいひけれとをのか㔺ゝになりにけれはうとく
⑩なりにけり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   
《異同㈠》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈡》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈢》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

河野美術館蔵三条西実隆筆本第21段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2016/10/20/013215
九州大学図書館蔵伝三条西実隆筆細川文庫本第21段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/20/175357
伝青蓮院尊鎮親王筆本第21段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/05/12/082630