伊勢物語翻刻 by 片島諒

伊勢物語各種影印本の翻刻を行います

②宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本・第六段《しらたまかなにそと人のとひし時》

宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本】P10~13
③むかしおとこありけり女のえうま
④しかりけるをとしをへてよはひわ
⑤たりけるをからうしてぬすみいてゝ
⑥いとくらきにきけりあくたかはと
⑦いふ河をゐていきけれは草
⑧のうへにをきたりけるつゆを
⑨かれはなにそとなんおとこ
⑩にとひけるゆくさきおほく
_____________________
①夜もふけにけれはおにある
②所ともしらて神さへいといみし
③うなりあめもいたうふりけれ
④はあはらなるくらに女をは
⑤おくにをしいれておとこゆみ
⑥やなくひをおひてとくちに
⑦をりはや夜もあけなんと思つゝ
⑧ゐたりけるにおにはやひとくちに
⑨くひてけりあなやといひけれと
⑩神なるさはきにえきかさりけり
_____________________
①やう\/夜もあけゆくに見れは
②ゐてこし女もなしあしすり
③をしてなけともかひなし
④  しらたまかなにそと人のとひし時
⑤  つゆとこたへてきえなましものを
  高子元慶元年正月為中宮卅六
⑥これは二条のきさきのいとこの女御
⑦の御もとにつかうまつるやうにてゐた
⑧まへりけるをかたちのいとめてたく
⑨おはしけれはぬすみておひて
_____________________
            昭宣公 
①いてたりけるを御せうとほりかは
②のおとゝたらうくにつねの大納言
③また下らうにて内へまいりたまふに
④いみしうなく人あるをきゝつけて
⑤とゝめてとりかへしたまうてけり
⑥それをかくおにとはいふなり
⑦けりまたいとわかうてきさき
⑧のたゝにおはしける時とや

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学習院大学蔵伝定家筆本】5丁裏〜7丁表
③むかしおとこありけり女のえうま
④しかりけるをとしをへてよはひわ
⑤たりけるをからうしてぬすみいてゝ
⑥いとくらきにきけりあくたかはと
⑦いふ河をゐていきけれは草の
⑧うへにをきたりけるつゆをかれは
⑨なにそとなんおとこにとひける
_____________________
①ゆくさきおほく夜もふけにけれ
②はおにある所ともしらて神さへ
③いといみしうなりあめもいたう
④ふりけれはあはらなるくらに
⑤女をはおくにをしいれておとこ
⑥ゆみやなくひをおひてとくちに
⑦をりはや夜もあけなんと思つゝ
⑧ゐたりけるにおにはやひとくちに
⑨くひてけりあなやといひけれと
⑩神なるさはきにえきかさりけり
_____________________
①やう\/夜もあけゆくに見れは
②ゐてこし女もなしあしすり
③をしてなけともかひなし
④  しらたまかなにそと人のとひし時
⑤  つゆとこたへてきえなましものを
    髙子 元慶元年正月為中宮卅六
⑥これは二条のきさきのいとこの女御
⑦の御もとにつかうまつるやうにてゐた
⑧まへりけるをかたちのいとめてたく
⑨おはしけれはぬすみておひて
_____________________
            昭宣公
①いてたりけるを御せうとほりかはの
②おとゝたらうくにつねの大納言ま
③た下らうにて内へまいりたまふに
④いみしうなく人あるをきゝつけて
⑤とゝめてとりかへしたまうてけり
⑥それをかくおにとはいふなりけり
⑦またいとわかうてきさきのたゝに
⑧おはしける時とや

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
静嘉堂文庫本】P8~11
⑦昔おとこありけり女のえうましかりけるを
⑧としをへてよはひわたりけるをからうして
⑨ぬすみいてゝいとくらきにきけりあくた河といふかはを
_____________________
①ゐていきけれはくさのうへにをきたりけるつゆ
②をかれはなにそとなむおとこにとひける
③ゆくさきおほく夜もふけにけれはおにある
④所ともしらて神さへいといみしうなりあめも
⑤いたうふりけれはあはらなるくらに女をは
⑥おくにをしいれておとこゆみやなくひをおひ
⑦てとくちにをりはや夜もあけなむと思つゝ
⑧ゐたりけるにおにはやひとくちにくひてけり
_____________________
①あなやといひけれと神なるさはきにえきか
②さりけりやう\/夜もあけゆくに見れはゐて
③こし女もなしあしすりをしてなけともかひなし
④  しらたまかなにそと人のとひし時
⑤  つゆとこたへてきえなましものを
⑥これは二条のきさきのいとこの女御の御もとに
⑦つかうまつるやうにてゐたまへりけるをかたち
⑧のいとめてたくおはしけれはぬすみておひて
_____________________
①いてたりけるを御せうとほりかはのおとゝたらう
②くにつねの大納言また下らうにて内へまいり
③たまふにいみしうなく人あるをきゝつけて
④とゝめてとりかへしたまうてけりそれをかく
⑤おにとはいふなりけりまたいとわかうてきさき
⑥のたゝにおはしける時とや

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈠》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈡》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《異同㈢》無し

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

河野美術館蔵三条西実隆筆本第6段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2016/10/01/221619
九州大学図書館蔵伝三条西実隆筆細川文庫本第6段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/04/17/085917
伝青蓮院尊鎮親王筆本第6段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/05/08/202732
九州大学図書館蔵伝藤原為家筆細川文庫本第6段
http://nobinyanmikeko.hatenadiary.com/entry/2017/08/12/123430