伊勢物語翻刻 by 片島諒

伊勢物語各種影印本の翻刻を行います

2017-03-31から1日間の記事一覧

②宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本・第四十三段《ほとゝきすなかなくさとのあまたあれは》

【宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本】P65~66 ③むかしかやのみこと申すみこおはし 賀陽親王桓武第七母夫人多治比氏三品治部卿 貞觀十三年十月八日薨七十八 ④ましけりそのみこ女をおほしめして ⑤いとかしこうめくみつかうたまひける ⑥を人なまめきてありけるを我の…

②宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本・第四十二段《いてゝこしあとたにいまたかはらしを》

【宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本】P64~65 ③昔おとこ色このみとしる\/女をあひ ④いへりけりされとにくゝはたあらさり ⑤けりしは\/いきけれと猶いとうし ⑥ろめたくさりとていかてはたえある ⑦ましかりけりなをはたえあらさり ⑧けるなかなりけれはふつかみか…

②宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本・第四十一段《むらさきの色こき時はめもはるに》

【宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本】P62~64 ⑦昔女はらからふたりありけり ⑧ひとりはいやしきおとこのまつしき ⑨ひとりはあてなるおとこもたりけり ⑩いやしきおとこもたるしはすのつこ _____________________ ①もりにうへのきぬをあらひて…

②宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本・第四十段《いてゝいなは誰か別のかたからん》

【宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本】P60~62 ③昔わかきおとこけしうはあらぬ女 ④を思ひけりさかしらするおやあ ⑤りて思ひもそつくとてこの女をほ ⑥かへをひやらむとすさこそいへまた ⑦をいやらす人のこなれはまた心 ⑧いきおひなかりけれはとゝむるいき ⑨おひなし…

②宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本・第三十九段《いてゝいなはかきりなるへみともしけち》

【宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本】P57~60 淳和天皇 ⑧むかし西院のみ✼■とゝ申すみかとお ⑨はしましけりそのみかとのみこ 崇子内親王母橘舩子正四上清野女承和十五年五月十五日薨 ⑩たかいこと申すいまそかりけり _____________________ ①…

②宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本・第三十八段《君により思ならひぬ㔺中の》

【宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本】P56~57 ⑩むかしきのありつねかりいきたるに _____________________ ①ありきてをそくきけるによみて ②やりける ③ 君により思ならひぬ㔺中の ④ 人はこれをやこひといふらん ⑤返し ⑥ ならはねは㔺の人こと…

②宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本・第三十七段《我ならてしたひもとくなあさかほの》

【宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本】P56 ③昔おとこ色このみなりける女に ④あへりけりうしろめたくや思けん ⑤ 我ならてしたひもとくなあさかほの ⑥ ゆふかけまたぬ花にはありとも ⑦返し ⑧ ふたりしてむすひしひもをひとりして ⑨ あひ見るまてはとかしとそ思━━━━━━…

②宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本・第三十六段《谷せはみ峯まてはへる玉かつら》

【宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本】P55~56 ⑨昔わすれぬるなめりとゝひことしける ⑩女のもとに _____________________ ① 谷せはみ峯まてはへる玉かつら ② たえむと人にわかおもはなくに━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【学習院大学蔵伝…

②宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本・第三十五段《玉のをゝあはおによりてむすへれは》

【宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本】P55 ⑥むかし心にもあらてたえたる人のもとに ⑦ 玉のをゝあはおによりてむすへれは ⑧ たえてのゝちもあはむとそ思━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【学習院大学蔵伝定家筆本】28丁表 ⑥むかし心にもあらてたえたる人のもとに ⑦…

②宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本・第三十四段《いへはえにいはねはむねにさはかれて》

【宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本】P55 ②むかしおとこつれなかりける人のもとに ③ いへはえにいはねはむねにさはかれて ④ 心ひとつになけくころ哉 ⑤おもなく[て]いへるなるへし━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【学習院大学蔵伝定家筆本】28丁表 ②むかしおと…

②宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本・第三十三段《あしへよりみちくるしほのいやましに》

【宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本】P54~55 ③むかしおとこつのくにむはらのこほりに ④かよひける女このたひいきては又は ⑤こしとおもへるけしきなれはおとこ [上句] [万葉] ⑥ あしへよりみちくるしほのいやましに ⑦ 君に心を思ます哉 ⑧返し ⑨ こもり江に思…

②宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本・第三十二段《いにしへのしつのをたまきくりかへし》

【宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本】P53~54 ③むかし物いひける女に年ころありて [古今] [無作者] ④ いにしへのしつのをたまきくりかへし ⑤ むかしを今になすよしも哉 ⑥といへりけれとなにともおもはすやありけん━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【学習院大…

②宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本・第三十一段《つみもなき人をうけへは忘草》

【宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本】P53 ②昔宮の内にてあるこたちのつほねの ③まへをわたりけるになにのあた ④にか思けんよしやくさ葉よならん ⑤さか見むといふおとこ ⑥ つみもなき人をうけへは忘草 ⑦ をのかうへにそおふといふなる ⑧といふをねたむ女もありけり…

②宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本・第三十段《あふことはたまのを許おもほえて》

【宮内庁書陵部蔵冷泉為和筆本】P52~53 ⑧むかしおとこはつかなりける女のもとに ⑨ あふことはたまのを許おもほえて _____________________ ① つらき心のなかく見ゆらん━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【学習院大学蔵伝定家筆本】26丁…