伊勢物語翻刻 by 片島諒

伊勢物語各種影印本の翻刻を行います

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百十七段《我みても久しくなりぬ住よしの》

【伝尊鎮親王筆本】P138 ④むかしみかとすみよしに行幸したまひけり ⑤ 我みても久しくなりぬ住よしの ⑥ きしのひめ松いく世へぬらむ ⑦おほむ神けきやうし給て ⑧ むつましと君はしらなみみつかきの ⑨ 久しき世よりいはひそめてき ______________…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百十六段《浪まよりみゆるこしまのはまひさし》

【伝尊鎮親王筆本】P137〜138 ⑧昔おとこすゝろにみちのくにまてまとひいにけり京 ⑨に思ふ人にいひやる _____________________ ① 浪まよりみゆるこしまのはまひさし ② 久しくなりぬきみにあひみて ③何事もみなよくなりにけりとなむいひ…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百十五段《をきのゐて身をやくよりもかなしきは》

【伝尊鎮親王筆本】P137 ②むかしみちのくにゝて男女すみけりおとこみや ③こへいなむといふこの女いとかなしうてうまのはな ④むけをたにせんとておきのゐて宮こしまと ⑤いふ所にてさけのませてよめる ⑥ をきのゐて身をやくよりもかなしきは ⑦ みやこしまへの…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百十四段《おきなさひ人なとかめそかりころも》

【伝尊鎮親王筆本】P136〜137 或本不可有之云々 多本載之不可止 ③むかし仁和のみかとせり河に行かうし給ける時 ④いまはさる事にけなく思ひけれともとつきに ⑤ける事なれはおほたかのたかかひにてさふらはせた 仁和二年十二月十四日行幸芹川 ⑥まひけるすりか…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百十三段《なかゝらぬいのちの程にわするゝは》

【伝尊鎮親王筆本】P135~136 ⑨むかしおとこやもめにてゐて _____________________ ① なかゝらぬいのちの程にわするゝは ② いかにみしかきこゝろなるらむ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【学習院大学蔵伝定家筆本】80丁裏 ④昔おとこ…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百十二段《すまのあまのしほやくけふり風をいたみ》

【伝尊鎮親王筆本】P135 [りけイ] ⑤むかしおとこねむころにいひちきれる女のこと ⑥さまになりにけれは ⑦ すまのあまのしほやくけふり風をいたみ ⑧ おもはぬかたにたなひきにけり━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【学習院大学蔵伝定家筆本】80丁表〜80丁裏…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百十一段《いにしへや有もやしけむいまそしる》

【伝尊鎮親王筆本】P134〜135 ④むかしおとこやんことなき女のもとになくなりに ⑤けるをとふらふやうにていひやりける ⑥ いにしへや有もやしけむいまそしる ⑦ またみぬ人をこふるものとは ⑧返し ⑨ したひものしるしとするもとけなくに ___________…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百十段《思ひあまりいてにしたまのあるならむ》

【伝尊鎮親王筆本】P133~134 ⑨昔おとこみそかにかよふ女ありけりそれかもとより _____________________ ①こよひ夢になむみえ給ひつるといへりけれは男 ② 思ひあまりいてにしたまのあるならむ ③ 夜ふかくみえはたまむすひせよ━━━━━━━━━…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百九段《花よりも人こそあたになりにけれ》

【伝尊鎮親王筆本】P133 ⑤むかしおとこともたちの人をうしなへるかもと ⑥にやりける ⑦ 花よりも人こそあたになりにけれ ⑧ いつれをさきにこひむとかみし━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【学習院大学蔵伝定家筆本】79丁裏 ②むかしおとこともたちの人をうし …

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百八段《風ふけはとはに浪こすいはなれや》

【伝尊鎮親王筆本】P132〜133 ⑧むかし女ひとの心をうらみて ⑨ 風ふけはとはに浪こすいはなれや _____________________ ① わか衣手のかはくときなき ②とつねのことくさにいひけるをきゝおひけるおとこ ③ 夜ゐことにかはつのあまたなく田…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百七段《つれ\/のなかめにまさるなみた川》

【伝尊鎮親王筆本】P130〜132 ④昔あてなるおとこ有けりそのおとこのもと ⑤なりける人を内記にありけるふちはらのとし [イ無] ⑥ゆきといふ人よはひけりされとまたわかけれはふ ⑦みもおさ\/しからすことはもいひしらすいはむや [かイ] ⑧うたはよまさりけ…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百六段《ちはやふる神㔺もきかすたつた川》

【伝尊鎮親王筆本】P129~130 ⑨むかしおとこみこたちのせうえうし給所にまう _____________________ ①てゝたつたかはのほとりにて ② ちはやふる神㔺もきかすたつた川 ③ からくれなゐに水くゝるとは━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百五段《白露はけなはけなゝむ消すとて》

【伝尊鎮親王筆本】P129 ④昔男かくてはしぬへしといひやりたりけれは女 ⑤ 白露はけなはけなゝむ消すとて ⑥ 玉にぬくへき人もあらしを ⑦といへりけれはいとなめしと思ひけれと心さしは ⑧いやまさりけり━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【学習院大学蔵伝定家…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百四段《世をうみのあまとし人をみるからに》

【伝尊鎮親王筆本】P128〜129 ⑥昔ことなる事なくてあまになれる人有けりか ⑦たちをやつしたれとものやゆかしかりけむかもの ⑧まつり見にいてたりけるをおとこうたよみてやる ⑨ 世をうみのあまとし人をみるからに _____________________…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百三段《ねぬる夜の夢をはかなみまとろめは》

【伝尊鎮親王筆本】P127〜128 ⑧むかしおとこありけりいとまめにしちようにて ⑨あたなる心なかりけりふかくさのみかとになむつか _____________________ ①うまつりける心あやまりやしたりけむみこたち ②のつかひたまひける人をあひいへ…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百二段《そむくとてくもにはのらぬものなれと》

【伝尊鎮親王筆本】P126〜127 ⑨むかしおとこ有けりうたはよまさりけれと㔺中を _____________________ ①思ひしりたりけりあてなる女のあまになりて ②世中を思ひうんして京にもあらすはるかなる ③山さとにすみけりもとしそくなりけれは…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百一段《さく花のしたにかくるゝ人をおほみ》

【伝尊鎮親王筆本】P125~126 _____________________ 行平 貞觀十二年二月參議五十三 左兵衛督 十四年左衛門督 十五年従三位大宰帥 元慶元年治部卿 六年正月中納言六十五 八年正三位 民部卿 仁和九 按察 ①むかし左兵衛督なりけるありは…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第百段《わすれ草おふる野へとはみるらめと》

【伝尊鎮親王筆本】P124 ⑤昔男後凉殿のはさまをわたりけれはあるやむ ⑥ことなき人の御つほねより忘れ草をしのふくさ ⑦とやいふとていたさせたまへりけれはたまはりて ⑧ わすれ草おふる野へとはみるらめと ⑨ こはしのふなりのちもたのまむ _________…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第九十九段《見すもあらす見もせぬ人の恋しくは》

【伝尊鎮親王筆本】P123~124 業平 貞觀六年右少將七年右馬頭 十九年正月左中將 元慶三藏人頭 ⑤むかし右近の馬場のひをりの日むかひにたて ⑥たりける車に女のかほのしたすたれよりほの ⑦かにみえけれは中將なりけるおとこのよみてやりける ⑧ 見すもあらす見…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第九十八段《わかたのむきみかためにとおるはなは》

【伝尊鎮親王筆本】P122〜123 忠仁公 天安元年二月十九日太政大臣五十五 四月九日従一位 二年十一月摂政 清和外祖 ⑦むかしおほきおほいまうちきみときこゆるおはし ⑧けりつかうまつるおとこなか月はかりにむめのつくり ⑨えたにきしをつけてたてまつるとて _…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第九十七段《さくら花ちりかひくもれおいらくの》

【伝尊鎮親王筆本】P122 昭宣公貞觀十四年八月卄五日右大臣左近大將卅七 ②むかしほりかはのおほいまうちきみと申いまそかり 貞觀十七年 ③けり四十の賀九条の家にてせられける日中將 ④なりけるおきな 業平十九年任中將 不審 ⑤ さくら花ちりかひくもれおいらく…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第九十六段《秋かけていひしなからもあらなくに》

【伝尊鎮親王筆本】P119〜122 ⑨昔男ありけり女をとかくいふこと月日へにけりいは _____________________ ①木にしあらねは心くるしとや思ひけむやう\/あは ②れと思ひけりそのころみな月のもちはかりなりけ ③れは女身にかさひとつふた…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第九十五段《ひこほしにこひはまさりぬあまの河》

【伝尊鎮親王筆本】P119 _____________________ ①昔二条の后につかうまつる男ありけり女の ②つかうまつるをつねに見かはしてよはひわたりけり ③いかてものこしにたいめんしておほつかなく思ひつめた ④ることすこしはるかさむといひけれ…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第九十四段《秋の夜は春日わするゝものなれや》

【伝尊鎮親王筆本】P117〜118 ⑤昔おとこ有けりいかゝありけむそのおとこすます ⑥なりにけりのちにおとこありけれと子あるなか ⑦なりけれはこまかにこそあらねと時々物いひをこせ ⑧けり女かたにゑかく人なりけれはかきにやれりける ⑨をいまのおとこのものすと…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第九十三段《あふな\/おもひはすへしなそへなく》

【伝尊鎮親王筆本】P116〜117 ⑧むかしおとこ身はいやしくていとになき人を思ひ ⑨かけたりけりすこしたのみぬへきさまにやありけむ _____________________ ①ふして思ひおきておもひ思ひわひてよめる ② あふな\/おもひはすへしなそへな…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第九十二段《あしへこくたなゝしをふねいくそたひ》

【伝尊鎮親王筆本】P116 ④むかしこひしさにきつゝかへれと女にせうそこを ⑤たにえせてよめる ⑥ あしへこくたなゝしをふねいくそたひ ⑦ ゆきかへるらむしるひともなみ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【学習院大学蔵伝定家筆本】69丁裏 ⑥むかしこひしさにき…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第九十一段《おしめとも春のかきりのけふの日の》

【伝尊鎮親王筆本】P115〜116 ⑨むかし月日のゆくをさへなけくおとこ三月つこもり _____________________ ①かたに ② おしめとも春のかきりのけふの日の ③ ゆふくれにさへなりにけるかな━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【学習院大学蔵…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第九十段《さくらはなけふこそかくもにほふらめ》

【伝尊鎮親王筆本】P115 ②昔つれなき人をいかてと思ひわたりけれはあはれとや ③思ひけむさらはあすものこしにてもといへりけるを ④かきりなくうれしく又うたかはしかりけれはおも ⑤しろかりけるさくらにつけて [ともイ] ⑥ さくらはなけふこそかくもにほふ…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第八十九段《ひとしれすわれこひしなはあちきなく》

【伝尊鎮親王筆本】P114~115 ⑦むかしいやしからぬおとこわれよりはまさりたる ⑧人を思ひかけてとしへける ⑨ ひとしれすわれこひしなはあちきなく _______________________ ① いつれの神になき名おほせむ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第八十八段《おほかたは月をもめてしこれそこの》

【伝尊鎮親王筆本】P114 ③むかしいとわかきにはあらぬこれかれともたちとも ④あつまりて月を見てそれかなかにひとり ⑤ おほかたは月をもめてしこれそこの ⑥ つもれは人のおいとなるもの━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【学習院蔵伝定家筆本】68丁裏 ④昔い…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第八十七段《あしのやのなたのしほやきいとまなみ》

【伝青蓮院尊鎮親王筆本】P110〜114 ②昔男つのくにむはらのこほりあしやのさとにしる ③よししていきてすみけりむかしのうたに ④ あしのやのなたのしほやきいとまなみ ⑤ つけのをくしもさゝすきにけり ⑥とよみけるそこのさとをよみけるこゝをなむあしや ⑦のな…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第八十六段《今まてに忘れぬひとは世にもあらし》

【伝尊鎮親王筆本】P109〜110 ③むかしいとわかきおとこわかき女をあひいへりけり ④をの\/おやありけれはつゝみていひさしてやみにけり ⑤年ころへて女のもとに猶心さしはたさむとやおもひ ⑥けむおとこうたをよみてやれりける ⑦ 今まてに忘れぬひとは世にも…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第八十五段《思へとも身をしわけねはめかれせぬ》

【伝尊鎮親王筆本】P107〜109 ⑧むかしおとこありけりわらはよりつかうまつりけるきみ ⑨御くしおろしたまうてけりむ月にはかならすまうて _____________________ ①けりおほやけの宮つかへしけれはつねにはえまうて ②すされともとの心う…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第八十四段《おいぬれはさらぬわかれのありといへは》

【伝尊鎮親王筆本】P106~107 ⑥むかしおとこありけり身はいやしなからはゝなむ宮 伊登内親王 桓武第八母藤南子従二位乙叡女 貞觀三年九月薨 ⑦なりけるそのはゝなかをかといふ所にすみ給けり子は ⑧京に宮つかへしけれはまうつとしけれとしは\/え ⑨まうてす…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第八十三段《まくらとて草ひきむすふ事もせし》

【伝尊鎮親王筆本】P104~106 ③むかしみなせにかよひたまひしこれたかのみこれいの ④かりしにおはしますともにうまのかみなるおきな ⑤つかうまつれり日ころへて宮にかへりたまうけり ⑥御をくりしてとくいなむと思におほみきたまひろくた ⑦まはむとてつかはさ…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第八十二段《㔺中にたえてさくらのなかりせは》

【伝尊鎮親王筆本】P99~104 惟喬文德第一母従五位上紀静子名虎女四品号小野宮 ⑨むかしこれたかのみこと申すみこおはしましけり山 _______________________ ①さきのあなたにみなせといふ所に宮ありけり年こ ②とのさくらの花さかりに…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第八十一段《しほかまにいつかきにけむあさなきに》

【伝尊鎮親王筆本】P98~99 源融 嵯峨第十二源氏母正五位下大原全子 貞觀十四年八月 五日左大臣元大納言五十一 仁和三年従一位 寬平七年薨七十三 ③むかし左のおほいまうちきみいまそかりけりかもか ④はのほとりに六条わたりに家をいとおもしろくつくり ⑤てす…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第八十段《ぬれつゝそしゐておりつる年の内に》

【伝尊鎮親王筆本】P97~98 ⑦むかしおとろへたるいへにふちの花うへたる人あり ⑧けりやよひのつこもりにその日雨そほふるに人 ⑨のもとへおりてたてまつらすとてよめる _____________________ ① ぬれつゝそしゐておりつる年の内に ② 春…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第七十九段《わかゝとにちひろあるかけをうへつれは》

【伝尊鎮親王筆本】P96〜97 ⑨むかしうちのなかにみこうまれたまへりけり御うふやに _____________________ ①人々うたよみけり御おほちかたなりけるおきなのよめる ② わかゝとにちひろあるかけをうへつれは ③ なつふゆたれかゝくれさる…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第七十八段《あかねともいはにそかふるいろみえぬ》

【伝尊鎮親王筆本】P94〜96 ③むかしたかきこと申す女御おはしましけりうせ給て ④なゝなぬかのみわさ安祥寺にてしけり右大將 ⑤ふちはらのつねゆきといふ人いまそかりけりそのみ ⑥わさにまうて給ひてかへさに山しなのせんしのみこ 人康親王 仁明第四四品弾正尹…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第七十七段《山のみなうつりてけふにあふことは》

【伝尊鎮親王筆本】P92〜94 文德天皇 ⑤むかし田むらのみかとゝ申すみかとおはしましけり ⑥その時の女御たかきこと申すみまそかりけりそれ 藤原多賀幾子従四位下 右大臣良相女 嘉祥三年女御 天安二年十一月十四日卒 ⑦うせたまひて安祥寺にてみわさしけり人々…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第七十六段《おほはらやをしほの山もけふこそは》

【伝尊鎮親王筆本】P91~92 春宮母儀也 ⑥むかし二条のきさきのまた春宮のみやすん所と申 ⑦ける時氏神にまうて給けるにこのゑつかさにさふらひ ⑧けるおきな人\/のろくたまはるついてに御くるまよ ⑨りたまはりてよみてたてまつりける ___________…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第七十五段《おほよとのはまにおふてふみるからに》

【伝尊鎮親王筆本】P90〜91 _____________________ ①むかしおとこ伊勢のくにゝゐていきてあらむと ②いひけれは女 ③ おほよとのはまにおふてふみるからに ④ こゝろはなきぬかたらはねとも ⑤といひてましてつれなかりけれはおとこ ⑥ そて…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第七十四段《いはねふみかさなる山はへたてねと》

【伝尊鎮親王筆本】P89 ⑦むかしおとこ女をいたううらみて [万葉] [にあらねともイ] ⑧ いはねふみかさなる山はへたてねと ⑨ あはぬ日おほくこひわたるかな _____________________ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【学習院大学蔵伝…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第七十三段《めには見て手にはとられぬ月のうちの》

【伝尊鎮親王筆本】P89 ③昔そこにはありときけとせうそこをたにいふへ ④くもあらぬ女のあたりを思ひける [万葉] ⑤ めには見て手にはとられぬ月のうちの ⑥ かつらのことき君にそ有ける━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【学習院大学蔵伝定家筆本】52丁裏~5…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第七十二段《おほよとの松はつらくもあらなくに》

【伝尊鎮親王筆本】P88〜89 ⑧むかしおとこ伊勢のくになりける女又えあはてと ⑨なりのくにへいくとていみしううらみけれは女 _____________________ ① おほよとの松はつらくもあらなくに ② うらみてのみもかへる浪かな━━━━━━━━━━━━━━━━━…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第七十一段《ちはやふる神のいかきもこえぬへし》

【伝尊鎮親王筆本】P88 ①むかしおとこ伊勢の齋宮に内の御つかひにてまいれり ②けれはかの宮にすきこといひける女わたくし事にて ③ ちはやふる神のいかきもこえぬへし ④ 大宮人の見まくほしさに ⑤おとこ ⑥ こひしくはきても見よかしちはやふる ⑦ 神のいさむる…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第七十段《みるめかる方やいつこそさおさして》

【伝尊鎮親王筆本】P87 ⑤むかしおとこかりのつかひよりかへりきけるにおほよと ⑥のわたりにやとりていつきの宮のわらはへにいひ ⑦かけゝる ⑧ みるめかる方やいつこそさおさして ⑨ われにをしへよあまのつりふね _____________________ …

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第六十九段《君やこしわれやゆきけむおもほえす》

【伝尊鎮親王筆本】P83〜87 ②昔おとこ有けりそのおとこ伊勢のくにゝかりのつ ③かひにいきけるにかのいせの齋宮なりける人の ④おやつねのつかひよりはこの人よくいたはれといひや ⑤れりけれはおやのことなりけれはいとねん頃にいた ⑥はりけりあしたにはかりに…

④伝青蓮院尊鎮親王筆本・第六十八段《鴈なきて菊の花さく秋はあれと》

【伝尊鎮親王筆本】P82〜83 ④むかしおとこいつみのくにへいきけりすみよしのこ ⑤ほりすみよしのさとすみよしの濱をゆくにいと ⑥おもしろけれはおりゐつゝゆくある人住よしの ⑦はまとよめといふ ⑧ 鴈なきて菊の花さく秋はあれと ⑨ はるのうみへにすみよしのは…